喜ばれるお祝い | 出産内祝いで感謝の気持ちを伝える~喜ばれるお祝いで皆HAPPY~

喜ばれるお祝い

花嫁と花婿の後ろ姿

出産のお祝いを頂いたら、出産1ヶ月後のお宮参りの頃を目安として出産内祝いを贈るようにします。内祝いは親しい人や身内の間で赤ちゃん誕生の喜びを分かち合うためのものです。また出産内祝い贈るときには、赤ちゃんの名前で贈るのがマナーとされています。赤ちゃんの名前をみんなに知ってもらえることにもなります。また表書きには内祝または出産内祝とします。水引は赤白蝶結びを使用します。これは結び目がほどけてもまた結ばれる、また繰り返されますようにという意味がこめられています。どのくらいの金額の出産内祝いを贈るか迷ったときには、いただいた出産祝いに対して半分から1/3くらいの金額のものにするようにすると良いとされています。

出産内祝いを贈るときにとくに注意した方が良いことは目上の方への贈り物を選ぶときです。避けたほうが良いとされるものがあるからです。肌着や靴下などの直接肌につけられるものは、生活に困っているという意味に受けとられる場合がありますので注意が必要になってきます。また現金を贈ることも失礼にあたりますので避けるようにします。出産内祝いは、贈る季節に合わせた品物を選ぶのも良いでしょう。夏に贈る場合には涼しげな商品、冬に贈る場合にはあったかい商品なども喜ばれます。季節感のあるものを探して選ぶのも楽しいでしょう。また贈る方の好みに合わせた物を選ぶようにすると良いでしょう。最近では美味しいスイーツなどのコレクションも人気があります。